CFJ公表項目

CFJは個人情報保護に関するガイドラインを遵守し、継続的に次の項目を自社ホームページ、自社店舗の窓口並びにATMブースに掲示、公表します。



利用目的の公表

(個人情報保護法第15、18、23、24条、金融分野における個人情報に関するガイドライン『以下「金融庁ガイドライン」という』第3、8、13、14条)

お客様の個人情報を取得する場合には、お客様に個人情報がどのような事業に供され、どのような目的に利用されるかを本人が合理的に予想できるよう、出来る限り利用目的を特定しなければなりません。CFJは、別掲載している「個人情報の取得・保有・利用・提供に関する同意書」の通り、お客様に利用目的をより明確に理解して頂くために、申込時の利用目的と契約時の利用目的に分けて、本人の意思が十分確認できるようにしています。

開示等の求めに応ずる手続の公表

(個人情報保護法第29条、金融庁ガイドライン第19条)

※開示等請求権者
 ・本人
 ・代理人
 ・親族(相続人を含む)
所定のご本人様確認により本人または代理人であることの確認を行います。

※開示等請求方法
個人情報保護法施行前及び施行後の保有個人データ開示・訂正・利用の停止等のご請求に関しましては、以下ご連絡先までお問合せ下さい。
 (i)電話番号通話無料ダイヤル:
 CFJお客様サービスセンター 0120-019-215
 (ii)郵送の問合せの場合は
    〒104-6034
    東京都中央区晴海1丁目8番10号
    トリトンスクエアX棟
    CFJお客様相談室

回答として「CFJ保有個人データ証明書」を郵送いたします。

その他の詳細な開示等に関しては、「顧客情報開示依頼書」で手続を受付させていただきます。

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー 14F
CFJ リーガルサービスセンター

保有個人データの第三者への提供の停止、及び第三者からの取得又は停止、特定の者との共同利用についての公表

(個人情報保護法第23条、金融庁ガイドライン第13条)

CFJは個人データを関連会社(当社の直接間接の親会社及びその子会社を含む)に開示し、ポートフォリオ分析、お客様の支払能力の調査、契約者に対する債権の管理、過剰融資防止、お客様のニーズの把握を改善・向上するための社内調査、及び市場調査に利用いたします。
また、CFJが債権譲渡(債権に譲渡担保権を設定することを含む)を行う場合には、個人情報保護宣言を遵守して、個人情報を適正に管理いたします。CFJが融資先の債権を担保にする場合、個人情報保護宣言を遵守して、個人情報を適正に管理いたします。

家族情報取得についての利用目的の公表

(個人情報保護法第18条、金融庁ガイドライン第8条)

貸付を行う時、資金需要者の返済能力を十分調査し、過剰貸付を防止するために配偶者を含む家族情報を提供してもらう場合があります。
また、不動産担保ローン契約の締結にあたり、不動産登記簿謄本を取得し、不動産の価値を評価するため、配偶者を含む家族情報を提供してもらう場合があります。
例:氏名・生年月日・勤務先・年収等

顧客の紹介やアンケート用紙の利用の公表、第三者から顧客情報を取得することについての利用目的の公表

紹介等の場合において、第三者から提供される個人情報については、その利用目的を借入申込みの勧誘に特定して取得します。アンケートを頂く場合には、利用目的を事前に理解をして頂いてから、取得します。また、債権回収にあたって第三者から提供される顧客の連絡先に関わる情報等の個人情報について、その利用目的を債権管理に特定して取得します。

個人データの安全管理に係る基本方針の公表

(ガイドラインの安全管理措置等の実務指針11月19日1-1)

別紙の「CFJ個人データの安全管理に関わる基本方針・取り扱い規定」参照。